NEWS

2018.2.9

UPDATE

メインビジュアル&追加キャスト公開!

メインビジュアルは、運命に導かれ結成した特殊部隊「パンドーラ」の
8人を描き出しています。
「翔龍クライシス」という未曽有の事故によって滅亡に瀕する人類。
契約の時、希望は彼らに託された――

今回発表となるキャラクターは「家族を想う部隊長」グレン・ディン、「パンドーラの大黒柱」ケイン・イブラヒーム・ハサン、「冷血なる参謀」ジェイ・ユン、「ネオ翔龍を統べる姫」セシル・スーの4人。レオンたちとともに特異進化生物B.R.A.Iに立ち向かっていく「パンドーラ」の精鋭たちです!
そして、グレン・ディン役に内田雄馬さん、ケイン・イブラヒーム・ハサン役に石塚運昇さん、ジェイ・ユン役に梅原裕一郎さん、セシル・スー役に茅野愛衣さんが決定!

さらに、檜山修之さん、中村悠一さん、近藤孝行さん、石川界人さん、瀬戸麻沙美さん、能登麻美子さん、石田彰さんも出演が決定!気になる詳細は今後の発表をお待ちください!

原作・総監督を務める河森監督と解禁されたキャストの皆様よりコメントが届きました!

原作・総監督:河森正治

今回解禁したグレン・ディン、ケイン・I・ハサン、ジェイ・ユン、セシル・スーというキャラクターたちについて簡単なご紹介をお願い致します。

グレンは、ネオ翔龍の下町出身で、翔龍クライシスによって家族や多くの友人達を失ってしまいました。
大切な人を失ってしまったその街を、命にかえても守りたいと思っている熱血漢です。
内田雄馬君の、やんちゃだけど憎めない熱い男の熱演を楽しみにお待ち下さい。

ケインは、いかつい顔に似合わず人情に厚い元傭兵です。
ケインを演じて頂けるのはこの人しかいないと、石塚運昇さんにお願いしました。
個性豊かすぎるパンドーラのメンバー達を渋カッコ良く締めて頂いています。

ジェイは、ネオ翔龍出身のエリート。けれど天才肌のレオンにいつも追い抜かされジェラシーを感じつつも、理想と現実の間で必死に己を取り持とうとする苦労人です。
梅原裕一郎さんが演ずる毅然としたかっこよさと、時に見せるどこか応援したくなるようないじらしさがとても素敵です。

姫は、気高く美しい絶対防衛都市ネオ翔龍の象徴ともいうべき存在。どんな事態にも悠然と構え、時に戦場にさえ赴く行動力を秘めています。
茅野さんへ以前お願いしたいかわいい役どころとは打って変わった、妖艶でミステリアスな魅力にご期待下さい。

今回のメインビジュアルを受けてのご感想、それぞれのキャラクターを生み出す上でのポイントがございましたらお聞かせください

ようやくチーム・パンドーラのフルメンバーのお披露目となるので、それぞれのキャラクター達の個性と魅力を存分に引き出す形で描いて頂きました。
混沌とした未来の中で最後に残された希望を象徴するかのように、シックなトーンの中にメンバー達の存在が希望の光として浮かび上がるようなイメージを狙っています。

今回新しく公開したキャラクターについて、グレンはいわゆる文字通りの熱血バカではなく、見た目はクールでかっこいいイメージで発注しています。その熱さとのギャップを楽しんで頂ければと思います。
ケインは、ひと目見て歴戦の勇士とわかるようないかつさと、酸いも甘いも噛み分けた雰囲気を出せるキャラクターになっていると思います。
ジェイは、スタイリッシュ且つ高貴なイメージで、中国風に丸い扇子型デバイスを持たせてみました。
セシルは、妖艶でありながらも中国の宮廷風なイメージを少し取り入れて、尚且つモダンにアレンジして描いて頂いています。

グレン・ディン:内田雄馬

「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。

オーディションの時から独特な世界観を持っている作品だなぁと感じていたので、
どんな物語が生まれるかとても楽しみです!!
あと、この作品を見ていると無性に火鍋が食べたくなります…(笑)

OAを楽しみに待っている皆様へメッセージをお願いします。

退廃的な世界、そこで生きる人々の戦う理由や生きる希望、様々なモノが物語の中で重なっていくと思います。
レオンをはじめとする、各キャラクターの想いを最後まで見届けてください!
重神機パンドーラ、よろしくお願いします!!

ケイン・イブラヒーム・ハサン:石塚運昇

「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。

河森監督作品には何本か出演させていただいておりますが、今回のパンドーラに関しては、初期に戻った感がします。初期といっても私からみれば「マクロスプラス」ですが、その頃に受けた衝撃を思い出します。そのような作品に出演出来本当にうれしく思っています。

OAを楽しみに待っている皆様へメッセージをお願いします。

今回のキャラクター「ケイン」ですが、まんまです。これといって役作りをするまでもなく、言ってる事、やっていることがおそらく自分だったら同じように考えるだろうし、同じように行動するだろう、という役です。やり易いかどうかは置いといて、とても楽しんでやっております。周りのメンバーたちも同じように楽しんでおり、その雰囲気が作品に滲み出ていると思います。是非楽しみにお待ち下さい。

ジェイ・ユン:梅原裕一郎

「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。

オーディションの時から演じてみたいキャラクターでしたので、出演が決まった時は嬉しかったです。アフレコが始まる前から、河森監督作品に携われること、諸先輩方と一緒にお仕事出来ることが楽しみでした。
ジェイの役柄は劣等感や不器用さ、頭の良い人物であり、頭が固いところを上手く表現できればいいなと思い、全力で演じさせて頂いています。
物語も科学的な側面と不可思議な現象が両立しており、難しい内容ではありますが、そこがこの作品の魅力だと思います。

OAを楽しみに待っている皆様へメッセージをお願いします。

重神機パンドーラは、ロボット物という側面と、科学、哲学が融合した作品だと思います。
登場するキャラクターはそれぞれ過去を持っていて、その過去を背負いながら前へ向かっていく姿が印象的です。
登場人物たちの年齢層も比較的高いため、大人な雰囲気を持っていながら、熱量は高く、熱い展開が楽しめる作品でもあります。
毎話飽きさせない物語なので、最後まで是非よろしくお願いします。

セシル・スー:茅野愛衣

「重神機パンドーラ」へのご出演が決まったご感想をお聞かせください。

オーディションで何役か受けさせて頂いたのですが、セシルは当日急に受けることになった役でした。
市長というお堅い役職の方なのに、色っぽく…というオーダーなのはどうしてだろうと思っていたのですが、アフレコで納得。顔と同じくらい胸元のアップが多かったので、なるほど〜!という感じでした(笑)

OAを楽しみに待っている皆様へメッセージをお願いします。

河森さんワールドをたっぷり味わえるB.R.A.Iという敵や、個性的なキャラクター達。
初めて見る世界はとても不思議な魅力があって、もっともっと知りたくなる筈です!
まさにパンドラの箱を開ける気持ちで作品を楽しんで頂ければ幸いです。